抗生物質「ジスロマック」の効果と副作用を理解しよう

Women Taking Medication

副作用を知る

many drugs

マクロライド系の抗生物質であるジスロマックは、クラミジア治療に効果的な医薬品となっています。
それに加えて、この種類の抗生物質は淋病などの細菌にも高い殺菌効果を発揮するなど、活躍の場が多い医薬品となっています。
効果持続時間も長いことから、服用回数も少なく済ませることが可能で、うっかり飲み忘れてしまうという危険をなるべく回避することができるのです。

さまざまな場面で活躍してくれるジスロマックですが、それだけ強力な医薬品だということは、当然副作用に関しても注意しなければいけません。
医薬品を服用する場合、副作用を心配する人も多いのではないでしょうか。
眠気やちょっとした吐き気などの軽度なものであればそこまで気にならないかもしれませんが、副作用の中にはもっと重度のものも存在します。
中には命に危険をもたらす症状が出ることもあるため、副作用についてもしっかり確認しておく必要があるでしょう。

ジスロマックの副作用として最も多く報告されているのが、胃腸に関するものです。
吐き気や嘔吐、下痢などが多くなっていますが、どれも軽度な場合が多く、1日もすれば治ることがほとんどです。
しかし、ジスロマックを服用したことによって生じる可能性がある副作用はこれらだけではありません。
中には痙攣や意識障害なども報告されていますので、必ず確認しておきましょう。
先ほど紹介した軽度の副作用に関しても、もし長く続くようであれば違和感を感じた段階で医師に相談するようにしましょう。